お問い合わせ

社会福祉法人 清和会


〒853-3102
長崎県南松浦郡新上五島町
岩瀬浦郷596-3

TEL.(0959)45-3236
FAX.(0959)45-3426
 

アクセスカウンタ

ご来場者数50787
理事長挨拶
ご 挨 拶


社会福祉法人 清和会

理事長 

大 角 洋 一



 この度令和元年6月28日、社会福祉法人清和会の理事長に就任いたしました。今後は理事長兼「養護老人ホーム朝海荘」施設長として務めさせていただくことになりました。
 誠に微力ではございますが、法人の発展に寄与できるよう誠心誠意努めてまいりますのでよろしくお願いいたします。
 当法人は昭和48年に法人の認可を受け、「障害者支援施設清和園」の経営からスタートし、平成21年4月から「養護老人ホーム朝海荘」、そして本年4月から「特別養護老人ホーム福見の園」、「福見保育園」を運営しております。
 事業開始から46年が経過し、法人のかじ取り役となる理事長という重責を担うことになり、改めてその職責の重さに身の引き締まる思いであります。
 当法人を取り巻く環境は決して平坦ではありません。社会福祉法改正による社会福祉法人制度改革が推進され、経営組織のガバナンスの強化、事業運営の透明性、地域における公益的な取り組み等が強く求められる中、厳しい介護報酬改定や施設整備の老朽化対策、人材の確保・育成など、多くの課題を抱えておりますが、皆様のお力添えをいただきながら役職員が知恵と力を出し合い一歩一歩着実に前進できるよう取り組んでまいりたいと考えております。
 社会福祉の基礎となるのは、「他人を思いやり、お互いを支え、助け合おうとする精神である」といわれております。今後とも、当法人の理念である「真心」「安心」「信頼」をモットーに、ご利用者本位の質の高いサービスの提供と地域福祉の拠点としてご家族や地域の皆様から信頼される施設となるよう職員一丸となって取り組んでまいります。引き続きご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
 
施設長挨拶
養護老人ホーム朝海荘
施設長 大角 洋一
 当施設は、五島列島中通島の奈良尾港を眼下に見下ろす小高い丘に位置し、美しい自然環境の中で、ご利用者一人ひとりの思いを尊重し、ご家族、地域とのつながりを大切にした運営をおこなっている養護老人ホームです。
 ご利用者の皆様は、縁あって出会った方々です。職員1人ひとりが、ご利用者を大切に思い、できることに精一杯取り組む、「真心」を込めた「安心」と「信頼」のあるサービスの提供を、力を合わせて目指しています。


福見保育園    
施設長 赤窄 誠子
 今の社会を見渡せば、子どもの育ちを阻害するものが多くあふれているように感じられます。常に進化を続ける競争社会の中で、揺らいではいけない事、譲れないものがあります。
 どんなに人工知能が騒がれていても胎児が母親の胎の中で過ごす期間は変わりませんし、産まれてすぐに歩き出すこともありません。育ちにはその時期その時期がちゃんとあるのです。子ども一人一人の「臨界期」に触れ、急がず、かえってゆとりをもって親御さんとともに子どもの育ちに関わってまいります。


障害者支援施設 清和園
施設長 竹内 央樹
 当施設は新上五島町南部の岩瀬浦地区に位置しており、牛の飼育や焼酎芋の栽培等、豊かな上五島の自然を生かした日中活動に取り組んでいます。
 障がいを持った利用者様が豊かな人生を送れるよう全力でお手伝いさせていただき、「ここで暮らせて良かった。」と感じていただけるような施設を常に心がけています。
 今後も法人理念に基づき、スタッフ一丸となって質の高いサービスの提供を目指します。


特別養護老人ホーム福見の園
施設長 吉屋 英輝
 小規模の特別養護老人ホーム「福見の園」は自然豊かな場所にあり、ご利用者は明るく家庭的な雰囲気の下で日々穏やかな生活を送られています。
 これまでは社会福祉法人ブレル会の元で運営してきましたが、平成31年4月より社会福祉法人清和会として再スタートしました。
 私たちは、当法人の理念であります「真心」「安心」「信頼」をモットーに、入所施設としてこれまでと変わりないサービスを提供しつつも、ご家族の皆様や地域の方々のご支援ご協力を賜りながら良い施設へと成長していけるよう、職員一同日々研鑽を積んでまいりますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

 
基本理念

 
運営方針

*真心をこめた丁寧な福祉サービス

~利用者の尊厳を守り、生きがいのある生活をおくれる温かい施設を目指します~

*利用者・家族・地域との安心・信頼による絆

~ご家族や地域社会との交流を深め、開かれた新しい施設を目指します~

*福祉コミュニティの協創

~私たちの事業を地域の財産と考え、その価値の向上を目指します~

*職員の自己実現

~自らの専門能力の向上を図り、互いに活かし合う職場を目指します~

*住環境の実現